顔汗に塩化アルミニウムの使用は要注意

顔汗を止める効果があるとされる薬に塩化アルミニウム製剤があります。

 

塩化アルミニウムではオドレミンという制汗剤があり、
脇汗と臭いを抑える効果が高いのでワキガで悩む多くの方が使っていまうす。

 

これらの人の話によると塗った時に刺激や痒みはあるが、
汗を抑える効果は大きいとのことです。

 

では、顔汗に塩化アルミニウムを使うことはできるかについて説明します。

 

 

■顔汗に塩化アルミニウムの使用は要注意
塩化アルミニウムが汗を止めるのに効果があるなら、顔汗対策に使いたいと思うかもしれませんが、
結論から言いますと、要注意、あるいは使わないほうがいいようです。

 

顔汗を止めようと顔全体に塩化アルミニウムをふくむ制汗剤を塗った人の証言では、
確かに当初はその効果を実感することができたとのことです。

 

朝の出勤前に塗り、通勤電車の中や仕事場で汗が気にならなかったそうです。
ところがお昼頃から、顔全体がヒリヒリしだして、痒みが激しくなったそうです。

 

さらに時間が経過すると、今度はチクチク痛くなりました。
つまりひどい痛痒さだったそうです。

 

この痛痒さは強くなったり弱くなったりで、一時的に鎮まったと思えとまた痛痒くなり、
帰宅してメイクを落として洗顔をいてから鏡見ると、
顔中に炎症の赤みとポツポツが出ていたそうです。

 

 

■塩化アルミニウムは脇より皮膚が薄い顔には不向き
塩化アルミニウムは脇に塗っても刺激を感じる強い成分ですから、
それを脇よりも皮膚が薄い顔には不向きなのです。

 

実はオドレミンの製造元である日邦薬品のホームページには、
顔や粘膜のある部位には塗らないこと、と明記されています。

 

顔汗を和らげるツボとは

人体には顔汗を和らげることが期待できるツボが存在します。
上半身や手のひらにそれは集中しており、
周りに人がいるときにも違和感なく押せるものも多いですし、
試してみる価値はあると思います。

 

 

■「後けい」【手】
「後けい」は、手を握った際に、小指の付け根の少しはみ出てくる場所のことです。
そして、手を広げているのであれば、感情線の先の部分が「後けい」に該当します。

 

押し方は、どちらの場合も一緒であり、親指でゆっくりと押していくのが最適です。

 

 

■「いんげき」【手首】
手首の小指の方の下側から、1センチくらいのところに「いんげき」はあります。
ここも、親指でゆっくり押していきましょう。

 

 

■「合谷(ごうこく)」【手の甲】
手の甲の、人差し指と親指の骨が交差する位置から見てやや奥に、
この「合谷」が存在します。

 

ちなみに「合谷」には、顔汗を止める以外にも様々な作用が期待できますから、
「万能ツボ」と呼ばれることもあります。

 

 

■おくえい【バストの辺り】&だいぼう【脇】
バストから約5p上のところに「おくえい」が、
「だいぼう」は脇の下にあります。

 

「おくえい」も「だいぼう」も顔汗を和らげてくれるツボです。

 

 

■ツボが顔汗に効くか否かは人それぞれです
ツボが顔汗に効くか否かはその人の体質次第ですが、
ツボ押しをする事には何のデメリットもありませんから、ぜひ一度試してみて下さい。

 

スキマ時間などを利用して、コツコツ取り組んでみることをおすすめします。
電車やバスを待つ時間などを活かせば、わざわざ時間を捻出する必要もありません。

 

ただし、どのツボを押すにしても、力を加え過ぎずに、
優しくだんだんと押していくようにすることが大事です。

 

ミョウバンで顔汗を防げる

ミョウバンには顔汗を和らげる効果があるとされています。
具体的には、肌の汗腺を引き締めてくれると言われています。

 

■顔汗にミョウバンが効く理由は?
肌にミョウバンを塗ると、収れん(引き締め)作用、皮膚の酸性を保つ作用、
酸化還元反応作用などがもたらされます。
そして、顔汗を止めてくれるのは、先述の通りこの中の「収れん作用」です。

 

 

■消臭作用もミョウバンは有している
さらには、皮膚の酸性を保つ作用と、酸化還元反応作用によって、
消臭も進めてくれると言われています。

 

まずは、悪臭を引き起こす成分を酸化還元反応作用の力で中和。
加えて、皮膚の酸性が保たれることで、汗に含まれる皮脂が好む雑菌が殖えにくくなる。
この2つの働きによって、顔汗の臭いが軽減されます。

 

 

■ミョウバンの使い方
どちらでも一定以上の効果は期待できますが、
顔汗を止めたいのであればパウダーのミョウバンを。
臭いを和らげたいのであればミョウバン水を用いるのがおすすめです。

 

ちなみに、1.5Lのペットボトルの水に、市販のミョウバンを混ぜれば、
それだけでミョウバン水が完成します。

 

 

■ミョウバンの副作用は?
ミョウバンが目に侵入してしまうと視力が下がるですとか、
アルツハイマー病に陥る可能性がある、などと言われていますが、
常識的な範囲でミョウバンだけを使うのであれば、
そのような副作用は生じないというデータがあります。

 

ですから、基本的には安心して顔汗を止めるためにミョウバン水を使って構いません。

 

ただ、もちろん目に侵入することが良い事であるはずがないので、
油断せずに使うようにしましょう。http://www.heterodoxy.biz